最新PCX JK05/JK06/KF47のパーツはこちら

PCX JF81|ブレーキパッド交換 – デイトナ15210ゴールデンパッドχ|レビュー

ブレーキパッド交換
この記事は約3分で読めます。

PCX JF81のブレーキパッド交換です。


新車納車から8,000kmで1回目交換、純正からデイトナの金パッドに変えました。
デイトナ金パッドは17,000kmくらいで交換なので約9,000kmですね。
走り方も違うので単純比較は出来ませんが、1回目の金パッドを使い切ったのでレビューを投下していきます。
なお、今回も金パッドから金パッドに交換です。
なので、管理人としては金パッドに満足しているということです。笑

ブレーキパッド交換作業の様子

キャリパーを外したらまずはお掃除です。

めっちゃ汚いですね~。
ナイロンブラシ(使い古しの歯ブラシでも可能)と食器用洗剤で洗っていきます。


作業中は手が汚れるので写真撮ってないんです💦すみません。


100均で買ったスプレーです。これを2つ用意しています。
1つは食器用洗剤を水で薄めたもの、1つは水だけです。
洗い流すようの水もスプレーで準備しておくと結構便利です。


ピストンはこのようなピストンツールで回転させて裏側も綺麗にクリーニングしましょう。
ピストンやパッドピンに錆があれば落としておきます。


管理人は3Mのスポンジ研磨剤(スポンジに研磨剤がついているタイプ)のスーパーファイン(320~600番)で磨きました。

本当は

こちらのウルトラファイン(800~1,000番)が欲しかったのですが売り切れていたので💦

力は余り入れずさっと錆びを落とす程度です。ごしごし磨くのはNGですよ~。
細目で磨いても落ちないレベルで腐食している場合はピストン交換、つまりOH(オーバーホール)が必要です。


パッドの様子はこちらです。

古い方はダストで汚れて真っ黒ですが、どちらも同じデイトナのゴールデンパッドχです。(純正ではないです)
結構ギリギリまで使いましたが、前回ほどではないですね笑


参考:前回の交換時、純正パッドです


クリーニングして、グリスアップして、パッドを組んで終了です。

グリスはワコーズのブレーキシリコングリスを使っています。

デイトナ15210ゴールデンパッドχのレビュー


ブレーキの効き

耐久性

まず、ブレーキの効き、コントロール性、耐久性などについてはデイトナのマトリクス表がありますので貼っておきます。
管理人の感想としても概ねこの通りだと思います。

純正のパッドと比較すると、若干ですが純正のパッドの方がマイルドな効きです。
逆にいうとゴールデンパッドχの方が少しブレーキの利きが良いです。
ですが、効きすぎるという感じはなく、フルブレーキ時でも問題なくコントロールできます。

耐久性については、ブレーキの使い方の個人差によって全然変わってくるのでなんとも言えませんが、、、
管理人はストップアンドゴーが多くて、結構荒い走らせ方なのでブレーキパッドの消耗は早い方だと思っています。
少なくとも純正と同等以上の耐久性はあると思います。

他のパッドを試しても良かったのですが、このパッドで十分満足しているので2回目もデイトナ金パッドにしました。

次は作業の様子をカメラに収めたいと思います笑

PCX JF81ブレーキパッド交換|必要なもの

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥2,528 (2022/08/07 17:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました